作品秘話 ②

ペーパークイリング講師の しらすすえみ です。

前回の続き 

作品を作る上で、最初にイメージに合わせて試作を作ります。

そして作ったものがこれ。
左はアネモネのつもり。
右はバラの蕾のつもり。見えます??笑っちゃいますよね。
花なのか何だか良く分からない・・・
ただのタイトサークル寄せ集めのお団子状態。
ここでアネモネは没 
Roseで決定。


a0335352_14183314.jpg

あちゃー これでも1日かかりました。涙

フィリング技法は主にシェイプを
ムーンや変形マーキーズ等で作りますが、
タイトサークルだけで作る作品は
多分日本人では初めてでしょう。

試作を何回か繰り返しイメージ通りなのか失敗しながら考察します。

ー下描きー
失敗で沢山の得るものはあります。
バラの形、花びらの重なり、光の陰影、葉の動きなど、
その全て色で描くことが強要される以上、
下描きは色まで綿密に描くことが絶対条件の作品でした。

この時参考になった本はこちら。
右側のバラの画集

a0335352_07230661.jpg

勿論生花も観察しますが、
本の方が、バラの特徴を良く捉えていて彩色の参考にもなります。
生花が枯れる心配もないし。
メインの2輪の大きなバラを作り
後は全体のバランスを見ながら修正したり追加したりします。

まだ続きます。




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by totokraft | 2017-11-17 07:57 | クイリングペーパー | Comments(0)

大好きなペーパークイリングと日々の出来事をお伝えします。


by toto Quilling
プロフィールを見る
画像一覧